ARUHIフラット35は金利が安いの?

環境のいいマンションを購入するという事は夢でもありますよね。
ですが、住宅ローンフラット35の審査に通らなければそれはただの夢です。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですので、金融機関のフラット35住宅ローンを申し込む方が一般的です。
住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
フラット35の審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
フラット35住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。
住宅ローンを組む時に必要なのが頭金です。
頭金無しでも住宅ローンが借りられる!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
その代わり、金利が高くなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、頭金を少しでも貯金しておくことがおすすめです。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の書費用もかかりますので20%は目安として、用意できる範囲で検討すると良いでしょう。
どこの会社のフラット35住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。
なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので月々の計算もしやすく総返済額を正確に計算出来るからです。
ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないために生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。
それなのに、低い金利が続いている今の世の中では全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。
他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。
新しく新築を購入したものの、返済している間にガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。
普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。
保証内容にガン保険が入っているものもありますが、含まれていない場合もあるので十分注意しましょう。
それに同じ保険でも診断された時点で支給されるものと、期限や条件付きで保証金が出る場合があります。
こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いのでそうした場合に備えて準備しておく事も大切です。
フラット35住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
それは団体信用生命保険という名前の保険です。
団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
これからフラット35住宅ローンを借りたいと考えている方は、確認しておくと安心なポイントをご紹介します。
生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。
それ故、利息が安くなりそうだからという理由だけで決めないで下さい。
おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。
どれだけ低金利の商品であっても手続きにかかる諸費用がかさむと、結果的に損してしまった...なんて方も少なくありません。
変動金利を選ぶか固定にするかによって金額が変わるので、今だけでなく今後の将来を考えて具体的に判断しましょう。
選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。
マンション購入のためのフラット35住宅ローン借り入れを考えている方は手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。
一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。
広告に書いてある金利が安いからといって選んでしまうと、実は事務手数料や保証料といった細かな金額を合わせてみたら、実は高くて損をしてしまったということも。
この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、合計でシミュレーションすることで、全体像が見えてきます。
分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料の銀行では意外なところで費用がかかる場合もあります。