リフォームローン金利の最安値はどの銀行?

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンがお勧めです。

リフォームローンというものは住宅ローンよりも金利が高いため一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、工事請負契約書の提出が求められることがあります。

それ故、物件探しとあわせてリフォーム業者を探す必要があるのです。

リフォームローンの頭金は業者によって様々です。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事完了後に一括払いでOKという業者もいます。

工事料金についても施工業者によって大分違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取って比べることをおすすめします。

頭金に必要な費用は工事費用の10%から20%くらいが一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

後で費用の追加請求などをされないためには事前に業者に確認して、その内容を契約書に記載させることです。

借り入れたリフォームローンが余った場合、金融機関に申告したり返金する必要性はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

片や、建設業界では追加費用が発生してもローン内で収まるように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、上乗せ融資を勧めることもあるみたいです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、気にする人は繰り上げ返済を早急に返していくようにしましょう。

最近話題のアプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申込可能な人は、20歳以上65歳未満で安定収入がある人、返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

アプラスの金利ですが、短期融資なので7.20%から14.40%と少々高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

返済シミュレーションも条件が詳細に設定できるので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

ARUHI(アルヒ)のリフォームローンについてご説明します。

アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から65歳未満の個人という規定があります。

融資金額は50万円以上1 000万円以内と高額で、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

そのため契約するためには、連帯保証人が必要になります。

また、融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、任意で団信保険付プランを付けることも可能です。

アルヒの貸付利率の適用基準は変動金利型となっていますので、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。

諸費用・リフォームローンにはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。

保証人や土地などの担保がいらないので手軽に利用出来るリフォームローンと言えるでしょう。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは規模が小さいリフォームになります。

持ち家で、少額のリフォームということになれば割と余裕がある人のリフォームと判断されることが多く審査に通りやすいという傾向があるそうです。

リフォームローンを探すオススメの方法として口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますから一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まず、現在の住宅で不満な点を家族で洗い出してリフォームに必要な金額を算出してから条件に合致するリフォームローンを見つけましょう。

リフォームの費用が高額なる場合有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

中古住宅の購入と併せてリフォームを計画されている方は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

リフォームローンを利用することで受けることができる控除には所得税の控除があります。

申告を行う事で当年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件が指定されていて定められています。

省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

正しいリフォームローンの選び方は金利だけに固執するのはNGということです。

借入れ可能な期間についてや、上限金額、担保や保証人の有無なども考慮しなければいけません。

また、団体信用生命保険の加入可否や手数料などの諸費用も比較検討したほうが良いでしょう。

建材メーカーの中には自社商品をリフォームで使用する場合、金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて変動します。

担保があるか否かによっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場です。

金利のタイプは大きく分けると2種類あって変動金利型と固定金利型の2種類に分けることができます。

変動金利型というのは市場金利に比例して半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の高下に関与せず、一定の金利を保つローンです。

さらに固定金利型には完済するまで一定の金利が継続される長期固定金利型と指定したある期間内だけ固定金利で、満了するごとに長期型か変動型に指定する固定金利選択型があります。

リフォームローンの金利ですが金融機関ごとに異なります。

低金利の場合1%台からありますが、金利は15%近いという金融機関もあります。

金利体系については2種類あり変動と固定という2つの金利体系があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

リフォームローンのシミュレーションは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると数多くヒットするので希望のサイトへアクセスします。

返済期間や借入希望額を入力すると月々の返済額が即座に算出されるので、ローンを組む前のシミュレーションにもってこいです。

個人情報を登録する必要は一切ないので気軽に利用することができます。

返済額の計算は複雑ですので積極的に利用することをお勧めします。

リフォームローンを組む場合、いくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額はじぶん銀行の住宅ローンの1/10程しかありません。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円という商品が一般的です。

リフォームローンの金利は、金利は2%から5%、返済期間は最長でも10年から15年しかありませんので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

無理のない返済額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

その上、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利を比較した場合変動金利の方が低金利となっています。

リフォームローン金利比較を行う際は検索上位に来ている比較サイトを利用すると効率が良いでしょう。

複数の金融機関が掲載されている比較サイトなら限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

金利や借入限度額など知りたい条件に合わせて並び替えができるのも便利ですよね。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますので検索する必要がありません。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、銀行へ行かずに利用できるローンが増えています。

参考:http://www.hagoromo.biz/