クレジットカードの審査は必要書類何なのか?調べてみた

買い物ならクレジットカードで

買い物をした際に現金の持ち合わせがないときやネット通販など利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

最近では、ライブなどで電子チケットが採用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない方は諦めてしまうこともありますがカード会社を選べば即日発行も可能なことがあります。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

WEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。

結果から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜかというとカードの発行元からすると貸したはいいけど返済されないということは1番避けたいことです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

特に若い人が見落としがちなのが携帯電話料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

クレジットカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を探すしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社を見分ける目安としては、スピード審査を宣伝文句にしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申し込みに対して、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

クレジットカードをまだ持っていない社会人の方の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員として雇用されているとカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で便利なクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ持っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって心配なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略でローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

ネットショッピングで便利なのでクレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど様々な種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいと言われているカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から案内されないと作れません。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

クレジットカードと住宅ローンの関係

買い物をした際に現金の持ち合わせがないときやネット通販など利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方など若い人の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどで電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみ対応なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを所持していない方は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードも存在しています。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

WEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していればイオン銀行の店頭やクレジットカウンターでその日のうちに受け取れます。

クレジットカードについてネットで調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンの返済途中でもクレカは作れるの?ということです。

そういった話をしている人の中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので一概に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞納せずに返済できていれば逆にプラス材料として判断されることもあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意などで公共料金の払い忘れることなどです。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

その中にはクレジットカード払いのみ可能などクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを作ろうとした際に審査通らないということがないように重要なポイントをチェックしておきましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの申込者の属性がどうなのか、信用情報は大丈夫かという実績です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

よくTVなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しているカードです。

クレカが欲しいと現在思っている方は審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。

勤務先の住所などの情婦をうっかり入力ミスした場合、虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性が出てくるので気をつけてください。

高額な買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で便利なクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって心配なのは審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのが信用情報です。

信用情報とは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの支払い情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納などの門題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

最近、イベントのチケットなどで先行抽選分はクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な場合が増えてきました。

普段からクレカを利用している方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてカードを作る場合、気になるのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。