クレジットカード審査が必要書類件の本音の口コミ

20代ならクレジットを作ろう

クレジットカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないというカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申込者が年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカード種別に想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けや30歳以上など設定されています。

みなさんがクレジットカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。

申し込み時に提出された年収情報は、そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだからそのデータと照らし合わせて怪しい部分がないか見ています。

そのデータと比較した時に変な部分がないかを見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人が申告した年収でスコアリングが行われます。

例えば、家電量販店の30代後半くらいの年収を20代前半でもらっている場合などです。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでクレジットカードは非常に便利ですがカード会社に審査に受からないと利用ができません。

審査で重要なのは継続して安定した収入が入るのかと信用情報です。

信用情報とはどういった情報なのかというと公共料金やカードローンなどが期日までに返済されているかなどの情報です。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことが重要です。

最近、若者を中心に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金が口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

ネットで買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したお金が返ってこないということが1番困ることです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が見落としがちなのが携帯料金の未払いです。

公共料金の払い忘れなどはカード審査だけでなくローン審査にも関わるので気をつけましょう。

最近では、電子チケットの活用など様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みを行うのに必要なもの・書類は何があるのでしょうか。

まず、必ず準備するのが免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められる場合もあります。

他には、利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座を入力する際などは口座手帳などを手元において入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。

ネットで買い物をするのにクレジットカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという人の話を聞きます。

落ちる理由として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていた別のカード支払いを滞納してしまった、公共料金の支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後に利用した際、引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

職業とクレカの関係

よくTVなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?楽天カードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

その結果か、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。

普段あまり書かない勤務先の情報などをうっかり入力ミスしても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので注意してください。

家事手伝いと専業主婦、両方とも仕事で収入を得ていないのは同じですが、クレジットカードを作る時には大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に通らないと考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというと主婦の場合は養ってくれる夫の存在があるからです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済も行われるだろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり使わないということもあるためクレジットカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を書く欄がありますよね。

審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を入力するケースもあります。

その場合、古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちから少額でもクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む場合の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響がありますネットで買い物をするのにクレジットカードがあると便利なので必需品化しているので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのがクレジットヒストリーに問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済が滞ってしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものはしっかり返済していないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが理由の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができる便利なクレジットカードですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういった情報なのかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金が口座にたまたま入っていなかったということもあるので気をつけましょう。