クレジットカードの審査の必要書類が気になりませんか?

審査は収入面だけでない

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでとても便利なクレジットカードですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

申し込み時に重要なのは安定した収入があるかとクレヒスです。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

最近、増えているのがほぼ全国民が持っている携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、お金を下ろしたタイミングが悪くて引き落とし日に口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

クレジットカードを申し込んだ時にカード発行会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入情報を審査しているのでしょうか。

実は審査の時に見ているのは収入だけではないんです。

全国の企業ひとつひとつの年収の平均を把握しているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいの金額だろうというデータがあり、そのデータと照らし合わせて変な部分がないかと見ています。

乖離が激しい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

クレジットカードをまだ持っていない社会人の方の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトでは都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用待遇でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカードのコースによって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

どういった場合かというとローンを組むことやクレジットカードを作ることが多いようです。

そのため、クレカが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんな質問をされるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認があるのかを調べてみたところ、カードを作った300人に対してアンケートを行った結果、約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないということです。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は低くなっていると考えられます。

よくCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードをイメージするのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカを作ろうと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思います。

実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した年収などの情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などうっかり入力ミスでも虚偽申請とみなされ、審査に受からないこともあるので気をつけてください。

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はクレジットカードを活用する方が多いのではないでしょうか。

ただ、社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないとクレカ払い以外しか利用できません。

申し込みをするにはショッピング施設で申し込む方法や申し込みをするにはショップ窓口で申し込む方法や申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に用意しておきましょう。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

審査期間は即日というところが多いですが実際にカードが届くまでは2週間前後かかります。

スピード審査ならここ

クレジットカードについて調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを払っていてもクレカは発行できるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているからこれから作る信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分が原因と考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意などで公共料金の払い忘れることなどです。

クレジットカードについて周りの人に話を聞くと勤務先に電話で在籍確認が来るという人と来ないという人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、最短〇〇フンなどのスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、申込者が多くすべての申し込みに対して、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済むクレジットカードはとても便利ですがカード会社に審査に受からないと利用ができません。

審査で重要なのは安定した収入があるかとクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとはどういったものかというと以前借りていたカードローンや奨学金などを滞りなく返済されているかなどのデータです。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金が口座にたまたま入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

ここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で利用する機会の多いクレジットカードですが、必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証やパスポートなどの本人確認書類です。

カード会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められる場合もあります。

他には、利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所の3点は必要です。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと金融機関に登録した銀行印が必要になります。

買い物をするときにキャッシュレスで便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは作れません。

基本的に申し込み時に審査が必ずあります。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したはいいけど返済されないということは1番避けたいことです。

なので申し込みが入ると年収からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカード支払いのみ対応などクレカが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを所持している方はいいのですが所持していない場合は各カード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してくれる人なのかを見ています。