クレジットカードの審査落ちって何が理由?

ネットで買い物をするのにクレジットカードがあると便利なので

クレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

この場合、落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていた別のカード支払いを滞納してしまった、公共料金やローンの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後に使った際に引き落とし日に申込者の口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが理由の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

周りの人にできれば知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことやクレジットカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、クレカを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認があるのかを調べてみたところ、カードを作った300人に対してアンケートを行った結果、約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低いこともあります。

スピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

クレジットカードについて周囲の人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなくかかって来る可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴として言われているのが、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、申し込み数が多く、人の力だけで全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金で支払う人もいると思いますが多くの方はクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合はカードを持っていないこともあります。

審査をしてカードを発行しないと利用ができません。

初めてカードを発行するときの簡単な流れについて説明します。

申し込みをするにはショップ窓口で申し込む方法やスマホなどで手軽にできるネットでの申し込みがあります。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

クレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという単語を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

自分から能動的に申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

早くカードを作りたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、申し込みは勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認方法がない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

その場合、古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとして

クレジットカードを挙げる人も多いそうです。

できることなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

その理由としては、早いうちからクレカ決済をクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレジットヒストリーがあるとローン審査で有利になります。

逆にカード決済のトラブルが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響があります各種ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に勤続年数を記載する欄が必ずありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認方法がない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

よくTVCMなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードを挙げるのではないでしょうか。

その結果か、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと現在思っている方は審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

他のカード会社と同じく、審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などうっかりで入力ミスをした場合でも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

高額な買い物をするときの支払い方法を皆さんはどうしていますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方は現金を持たなくていいので楽な反面、大学生や新社会人の場合は持っていない場合もあるのでその場合、カードの発行をお勧めします。

ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするにはショップ窓口で申し込む方法やスマホなどで手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込み時に年収などを記入する必要があるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

クレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので審査に落ちてしまうと思い申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員として雇用されているとカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用待遇でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申込者が年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードのコースによって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けや30歳以上など設定されています。

クレジットカードについて調べているとこのような話が見られます。

それは住宅ローンを払っていてもクレカは発行できるの?ということです。

サイトによっては銀行で住宅ローンを借りているからこれから作る信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに判断されることもあります。

もし、問題なくローンの返済ができているのに審査に落ちた場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意などで公共料金の払い忘れることなどです。